東京・神奈川・千葉・埼玉の葬儀・家族葬なら【お葬式のひなた】

東京/神奈川/千葉/埼玉で約300の葬儀場

Google Plus

火葬にまつわるお話

葬儀を営む流れとして、火葬・骨上げがあります。現在では一般的な火葬の発祥はいつ頃だったのでしょうか。

火葬の発祥はインド

仏教の発祥国として知られるインドでは、古くから死者を弔うために火葬、水葬、土葬、風葬の四葬が行われていました。
煙と共に魂が天へと導かれると考えられていましたので、正葬として火葬は最も重んじられており、お釈迦様も荼毘に付されています。荼毘に付すの「荼毘」とはパーリ語jhpetaの音写で、火葬を指します。

日本における火葬の始まり

記録として残されているものでは、日本に仏教が伝わってから最初に火葬されたのは道昭(どうしょう)という僧侶で、文武天皇4年のことです。天皇で最初に火葬されたのは持統天皇で、大宝3年です。
やがて貴族や武士も火葬するようになり、平安時代後期~鎌倉時代には庶民にも葬儀の一つとして火葬の風習が伝わるようになります。

しかし、火葬という方法は、当時の燃料効率では大変お金のかかる高価なものでしたので、江戸時代までは低価格の土葬が主流でした。近世では火葬が伝わってから、これまで土葬をしてきた人々の葬儀・墓に対する考え方に変化を起こし、遺骨を納める器ができ壺型になったとされています。

僧道昭が日本で初めて火葬された人物とありますが、古墳様式の一つとして知られる横穴式木芯粘土室やかまど塚から、火葬が行われた痕跡が発見されています。もしかすると古墳時代から火葬が行われていたのではないかと、研究がなされているそうです。
新しい発見があれば、日本における火葬史が変わるかもしれません。

火葬式、家族葬、一日葬など葬儀のことでしたら当社にお任せください。世田谷区砧に所在する当社は、東京都23区、東京都23区外多摩市、府中市、調布市の他、埼玉県、千葉県、神奈川県(一部地域を除く)の葬儀にも対応できます。資料請求から見積もり、サービスに関するお問い合わせは24時間、専門スタッフが対応いたします。
府中市、多摩市、調布市周辺で心のこもった葬儀をお考えでしたら、当社にご相談ください。

ひなたのお葬式プラン

  • 火葬式たんぽぽ
  • 一日葬すずらん
  • 家族葬こすもす
  • 直葬れんげ
  • 自宅一日葬すみれ
  • 自宅家族葬なでしこ
  • 一般葬こでまり
  • 福祉葬
  • 天使の旅立ち
電話番号:0120-40-2220 お見積り・資料請求 まずはメールでご相談
お急ぎの方はこちらから