喪中・忌中のルールご存じですか?

近親者が亡くなった時、一定期間喪に服して身を慎むことを「忌服」と言います。

死のけがれの重い期間を【忌】
けがれが薄くなった期間を【喪】
とされています。

 

【忌中】

一般的には四十九日の法要までが忌中とされます。
この期間は遺族は慶事などには関わらず、家にこもって過ごします。
しかし、昔のように遺族が家にこもっているという事は現在では無く、喪に服すため官公庁服務規定の忌引期間に従い会社や学校などを決められた日数休み、その間に葬儀に参列し、その後は平常な社会生活に戻るのが一般的です。
喪に服する近親者は配偶者と一親等(父母、子供)、二親等(祖父母、兄弟姉妹、孫)の血族が目安です。

【喪中】

一周忌までが喪中とされています。
喪中は慶事への出席は控えます。
結婚式、祝賀会などに招待された場合も四十九日の忌明けまで、あるいは百か日までは出席を控えます。
最近では、不幸の前から予定されていた慶事の場合は、出席することも多くなっています。

●喪中に迎えるお正月
門松、しめ縄、鏡餅などの正月飾りはせず、年末年始のあいさつ回り、初詣なども控えます。最近では故人が二親等であっても、同居してなかった場合は、普通にお正月を迎えることも多くなっています。

●お歳暮、お中元
出来れば四十九日の忌明けまでは控えるのが一般的ですが、それ以降は構いません。
ただ水引など注意点点もございます。

詳しくはこちらのブログまで
https://bit.ly/3CcAgKq

●年賀状
喪中の時は年賀状を出しません。
その際、年賀の欠礼を詫びる挨拶状を出します。
この年賀欠礼状には「だれがいつ亡くなったのか」を記します。

詳しくはこちらのブログまで
https://bit.ly/2YcmdTA

●暑中見舞い
暑中の期間でまだ忌明けをしていない場合には、無理に暑中見舞いを送る必要はありません。
どうしても送りたい場合には、暑中見舞いではなく、お手紙などで対応しましょう。

詳しくはこちらのブログまで
https://bit.ly/3Sg70Ix

 

※お葬式のひなたは百合ヶ丘駅前商店街の加盟店
・お葬式のひなたは新百合ヶ丘エリアマネジメントコンソーシアムの加盟店
・お葬式のひなたは高石町会会員
・お葬式のひなたは高石商工創和会の加盟店
・お葬式のひなたは府中の森市民聖苑葬儀取扱事業者
・お葬式のひなたは川崎商工会議所に加盟
・お葬式のひなたは葬儀保険の代理店
・「イオンのお葬式」特約事業者
・「いい葬儀 」取扱店
・「葬儀レビ 」オススメ葬儀社
・「小さなお葬式 」指定事業者
#ひまわりファミリークラブ
#月会費0円
#年会費0円
#求人募集
#葬儀保険
#お葬式のひなた #ひなた #府中の森 #イオン
#小さなお葬式 #シンプルなお葬式 #いい葬儀
#聖苑 #東京 #神奈川 #千葉 #埼玉  #世田谷 #府中

月会費・年会費0円葬儀のひまわりファミリークラブ会員募集中

<<資料請求・お問い合わせ>>

<<求人特設サイトはこちら>>

<<お葬式のひなたのTop pageに戻る>>