永代供養とは?メリット・デメリット

永代供養とは、ご遺族やお子様などに代わって霊園や寺院などがご遺骨を管理・供養することを言います。
ご遺骨と、それにまつわる供養をすべて霊園や寺院へお任せします。

似た様な響きですが「永代使用料(えいたいしようりょう)」という言葉があります。
混同してしまいがちですが、意味はまったく違い、
「永代使用料」とはお墓の土地代のようなもので、墓地を使用するために支払うお金のことをいいます。
一般的なお墓では、一度「永代使用料」を支払えば、お子様へまたお孫様へと継承し続ける限りいつまでもご自身の家のお墓として利用することができます。

永代供養のメリット

費用が安い
一般的なお墓を建てるよりも永代供養のお墓にかかる購入費用は、比較的安価であると言われています。
その理由は、埋葬方法にあります。
永代供養では、ご遺骨は「合祀(ごうし)」されるのが一般的です。
合祀とは骨壺からご遺骨を取り出し、血縁の有る無しに関わらず他の方のご遺骨と共に一箇所に埋葬することを言います。
・故人様専用のスペースがない共有のお墓のため、使用料が安い
・一般的なお墓のように、墓石がいらないため墓石の建設料がかからない
という点で通常と比べて安価になることがほとんどです。

管理料や墓じまいの心配がない
永代供養の最大のメリットは、お墓の維持、管理の手間がかからないことではないでしょうか。
永代供養は、身寄りのない方や、お墓の後継ぎのない方の供養手段としてこれまで用いられてきました。
また、費用を工面できず墓石を建てられないご家庭の選択肢ともなっています。
一般的なお墓の場合、親族がお墓参りをして手入れをしなければいけませんが、永代供養ではお寺の住職や管理者が手入れを行ってくれます。
「子供に墓守りの苦労をかけたくない」「お墓には費用をかけず、お金を遺してやりたい」などと考えて、自ら永代供養を選ぶ方も増えてきています。

また宗旨宗派が不問という点においても、永代供養のメリットと言えるでしょう。

永代供養の注意点

永代供養とはいえ、「永代」は“永久”という意味で使われることはほとんどなく、各寺院や霊苑によって期間が定められているケースがほとんどです。
また、一番注意したいのが
「ご遺骨を二度と取り出せない」という点です。

前述したように骨壺から取り出されての埋葬となるため、合祀となったらどのご遺骨がご本人様のものかわからなくなるため
二度と特定の故人の遺骨は回収できません。
お金の工面ができたあとで別の場所にお墓を建てようと考えていたり、手元供養にしたいと思ったり、分骨したいと思ってもできません。

単独墓という永代供養が付いた個別に安置されるタイプのお墓や、
集合墓という礼拝のシンボル(墓石、樹木など)は1つのものを共有し、地下の納骨スペースは個々に別れているタイプのお墓などもありますが
こちらも一定期間が過ぎると合祀になることがほとんどです。

親族間のトラブルを防ぐためにも「本当に合祀して良いか」をしっかりと考えることが大切です。

とはいえ、近年お墓を手放す方が増えたり、お子様やご家族様に墓守の苦労をさせたくないと自然葬を選ばれる方も増えてきています。
ご自身だけではなく、ご家族様やご親族様としっかり話し合い、納得のいく選択をしたいですね。

永代供養のご相談もお葬式のひなたへお気軽にご相談ください。


※お葬式のひなたは百合ヶ丘駅前商店街の加盟店
・お葬式のひなたは新百合ヶ丘エリアマネジメントコンソーシアムの加盟店
・お葬式のひなたは高石町会会員
・お葬式のひなたは高石商工創和会の加盟店
・お葬式のひなたは府中の森市民聖苑葬儀取扱事業者
・お葬式のひなたは川崎商工会議所に加盟
・お葬式のひなたは葬儀保険の代理店
・「イオンのお葬式」特約事業者
・「いい葬儀 」取扱店
・「葬儀レビ 」オススメ葬儀社
・「小さなお葬式 」指定事業者
#ひまわりファミリークラブ
#月会費0円
#年会費0円
#求人募集
#葬儀保険
#お葬式のひなた #ひなた #府中の森 #イオン
#小さなお葬式 #シンプルなお葬式 #いい葬儀
#聖苑 #東京 #神奈川 #千葉 #埼玉  #世田谷 #府中

月会費・年会費0円葬儀のひまわりファミリークラブ会員募集中

<<資料請求・お問い合わせ>>

<<求人特設サイトはこちら>>

<<お葬式のひなたのTop pageに戻る>>