末期の水ってなに?

末期の水とは?

「末期の水(まつごのみず)」とは、「死に水(しにみず)」とも呼ばれており
故人様が息を引き取られた後に、故人様の口元を水でうるおす儀式のことを言います。

末期とは「臨終=お亡くなりになる間際」のことです。
「まつご」と読み、「まっき」ではないので注意が必要です。
以前は、臨終を迎える直前のタイミングで行われていましたが、
現在では息を引き取った直後や、納棺の儀のいちばん初めに行われることが多いです。

末期の水を行う際は、割り箸の先に脱脂綿を巻いたものを使用します。
脱脂綿の部分を口に当て、唇を潤す程度で、無理やり口に水を入れたりする必要はありません。
葬儀社の方や病院の方からやり方の指示がありますので、それに従って行いましょう。

故人様との関係性が近い順に行います。
配偶者、子供、親、兄弟姉妹•••といった順に進めていきます。
全員終わったら、故人様の顔をきれいに拭いてあげます。こちらも拭く手順などは指示に従い行ってください。

宗派によっては末期の水の儀式を行わない場合もあります。

末期の水のいわれ

由来は諸説ありますが、お釈迦様が亡くなる前に弟子にお水を求めたことが由来とされています。
お釈迦様が亡くなる時に、「のどが渇いた、水がほしい」と弟子に頼みました。
しかし水がなく困っていたところ、雪山に住む信心深い鬼神が清らかな水を捧げ、
お釈迦様は安らかに亡くなることができたという逸話が仏典に記されています。

ご家族や親しい人が亡くなった際、動揺したり心がざわついている状態であるかと思いますが、
亡くなった故人様のこれからの冥福を祈り、心をこめて儀式を行いましょう。

※お葬式のひなたは百合ヶ丘駅前商店街の加盟店
・お葬式のひなたは新百合ヶ丘エリアマネジメントコンソーシアムの加盟店
・お葬式のひなたは高石町会会員
・お葬式のひなたは高石商工創和会の加盟店
・お葬式のひなたは府中の森市民聖苑葬儀取扱事業者
・お葬式のひなたは川崎商工会議所に加盟
・お葬式のひなたは葬儀保険の代理店
・「イオンのお葬式」特約事業者
・「いい葬儀 」取扱店
・「葬儀レビ 」オススメ葬儀社
・「小さなお葬式 」指定事業者
#ひまわりファミリークラブ
#月会費0円
#年会費0円
#求人募集
#葬儀保険
#お葬式のひなた #ひなた #府中の森 #イオン
#小さなお葬式 #シンプルなお葬式 #いい葬儀
#聖苑 #東京 #神奈川 #千葉 #埼玉  #世田谷 #府中

月会費・年会費0円葬儀のひまわりファミリークラブ会員募集中

<<資料請求・お問い合わせ>>

<<求人特設サイトはこちら>>

<<お葬式のひなたのTop pageに戻る>>