享年?行年?

普段あまり使わないけれど、墓石やニュースなどで「享年(きょうねん)」という言葉を耳にします。
同じように「行年(ぎょうねん)」という表現もよく聞かれると思いますが、使われている場面は「享年」と同じような?
どのように使い分けるのかわかりづらい「享年(きょうねん)」と「行年(ぎょうねん)」についてまとめました。

【享年(きょうねん)】
「享年(きょうねん)」とは、お亡くなりになった人が天寿を全うした亡くなった当時の年齢、その人が「生きた年数」を表しており、
「享(キョウ・うける)」には「ありがたく受け取る」という意味があることから、「享年」は「天から授かった命の年月」のことを言います。

前述した通り享年は年数を表しているので、本来は「享年○○」と表し、
「享年〇〇歳」などとは表現しません。

「行年(ぎょうねん)」
「娑婆(シャバ)で行(修行)を積んだ年数」という意味があり
「行(ぎょう・こう)」という漢字は時間の経過をあらわすので、「この世に生存した年数」のことを言います。

行年も享年も数え方は同じですが、
享年は「年数」を表すのに対して、行年は「年齢」を表します。

数え方は同じなので混同しやすいですが、言葉の意味合いに微妙な違いがあります。

享年と行年どちらを使えばいいの?
享年と行年はどちらを使用しなければならないという厳密な決まりはありません。
享年の方が良いという方もいれば、その逆もあり、人によって様々です。
お墓がある場合は、そちらの書き方に倣うのもいいでしょう。

どちらを選んでも間違いではないので、ご家族やご親族、菩提寺などと相談するのも良いのではないでしょうか?


※お葬式のひなたは百合ヶ丘駅前商店街の加盟店
・お葬式のひなたは新百合ヶ丘エリアマネジメントコンソーシアムの加盟店
・お葬式のひなたは高石町会会員
・お葬式のひなたは高石商工創和会の加盟店
・お葬式のひなたは府中の森市民聖苑葬儀取扱事業者
・お葬式のひなたは川崎商工会議所に加盟
・お葬式のひなたは葬儀保険の代理店
・「イオンのお葬式」特約事業者
・「いい葬儀 」取扱店
・「葬儀レビ 」オススメ葬儀社
・「小さなお葬式 」指定事業者
#ひまわりファミリークラブ
#月会費0円
#年会費0円
#求人募集
#葬儀保険
#お葬式のひなた #ひなた #府中の森 #イオン
#小さなお葬式 #シンプルなお葬式 #いい葬儀
#聖苑 #東京 #神奈川 #千葉 #埼玉  #世田谷 #府中

月会費・年会費0円葬儀のひまわりファミリークラブ会員募集中

<<資料請求・お問い合わせ>>

<<求人特設サイトはこちら>>

<<お葬式のひなたのTop pageに戻る>>