葬儀での防寒対策はどのようにすればいい?

二十四節気の小寒を過ぎ、寒さが増してくる季節となりました。
喪服だけで過ごすのは寒いので、防寒対策が必須となってきますが、防寒をする際に気をつけることやマナーはあるのでしょうか?
気をつけるべきポイントについてまとめていきます。

防寒用のコートは着用しても大丈夫?

防寒用のコートの着用は問題ありません。
ですが、着用する際には注意点があります。

◆色は黒や濃紺などを選ぶ
葬儀では黒の喪服を着用するように、コートも黒や濃紺などの色味が望ましいです。
ベージュや白などの普段使いのカラーの物は避けるようにしましょう。例え会場に入る前に脱いだとしても、手にかけている時に目立ってしまいます。
できるだけ裏地にも気を遣い、カラーが使用されていないもの、柄が入っていないものを選ぶようにします。

◆シンプルなデザインのもの
形もカジュアルであったりデザイン性のあるものではなく、シンプルなものを着用するようにします。
襟のあるものはいいですが、フードのついているものはカジュアルとみなされますので、黒色であっても避けるのが無難です。
デザインは形だけではなく、ボタンにも気を配らなければなりません。
金色やカラーの入っているものは避け、ボタンも黒色のものを選ぶようにします。

どのようなものがOKなのかわからない場合には、礼服用コートという冠婚葬祭用のコートがありますので、そちらを着用いただくと間違いないでしょう。

◆素材にも気をつける
カジュアルな印象のある光沢感のあるものは相応しくありません。
また、葬儀では殺生をイメージさせるものはNGですので、毛皮や革製品、ファーなどは避けるようにしましょう。
よく襟元にファーがついているものがありますが、フェイクファーであっても選ばないようにします。

コート以外の防寒用グッズ

◆マフラーやストール
会場までは着用していても問題はありません。色は黒色かそれに近い色を選び、ファー素材などは避けるようにします。
会場に着いたら外すようにしましょう。

◆タイツ
基本的には黒のストッキングが望ましいですが、薄手ですので冬本番にはとても寒くなってしまうと思います。
どうしてもの場合にはタイツの着用でも問題ありません。
また最近では、フェイクタイツという透け感があるように見えるタイツも販売されているので、ぜひ活用してみてください。
100円均一や300円均一、スーパーの衣料品売り場などでも購入することができます。
2枚ストッキングを履くという方法もあります。

◆会場までならブーツの着用も
パンプスはどうしても足が冷えてしまったり、滑りやすく危険な場合もあります。
会場まではブーツを着用し、着いたら履き替えるという手段もあります。その際にも黒色のブーツを選ぶようにしましょう。

まとめ

冬の寒い時期の防寒対策は、葬儀であってもしていただいて問題ありません。
ですが、色は黒色にする、ボタンにも気をつける、小物を使用する際にも素材などに気を遣うなどマナーを守り、故人様やご遺族様にしっかり弔意を伝えられるようにしましょう。

 

※お葬式のひなたは百合ヶ丘駅前商店街の加盟店
・お葬式のひなたは新百合ヶ丘エリアマネジメントコンソーシアムの加盟店
・お葬式のひなたは高石町会会員
・お葬式のひなたは高石商工創和会の加盟店
・お葬式のひなたは府中の森市民聖苑葬儀取扱事業者
・お葬式のひなたは川崎商工会議所に加盟
・お葬式のひなたは葬儀保険の代理店
・「イオンのお葬式」特約事業者
・「いい葬儀 」取扱店
・「葬儀レビ 」オススメ葬儀社
・「小さなお葬式 」指定事業者
#ひまわりファミリークラブ
#月会費0円
#年会費0円
#求人募集
#葬儀保険
#お葬式のひなた #ひなた #府中の森 #イオン
#小さなお葬式 #シンプルなお葬式 #いい葬儀
#聖苑 #東京 #神奈川 #千葉 #埼玉  #世田谷 #府中

月会費・年会費0円葬儀のひまわりファミリークラブ会員募集中

<<資料請求・お問い合わせ>>

<<求人特設サイトはこちら>>

<<お葬式のひなたのTop pageに戻る>>