東京・神奈川・千葉・埼玉の葬儀・家族葬なら【お葬式のひなた】

東京/神奈川/千葉/埼玉で約300の葬儀場

Google Plus

法事・法要

お葬式が終わりますと、次は49日法要のご準備に入る必要があります。
お葬式後にゆっくり準備すればいい、と思うところですが、告別式までに日程だけでも決めておくと、その後の段取りがスムーズです。

四十九日とは

日本の仏教では、故人の亡くなった日(命日)を起点に7日ごとを「忌日」とし、菩提寺と遺族は、故人の成仏を祈って法要することとしています。

これを「中陰法要」といい、最初の中陰を「初七日」、次を「二七日」、そして「三七日」、「四七日」、「五七日」、「六七日」と続き、「七七日」の四十九日目の忌日を「満中陰」とします。

しかし、実際には忌日ごとに法要を営むことは遺族の負担にもなり、菩提寺も大変ですから、現代では、葬儀の日に「繰り上げ初七日」の法要を行い、その後は、「満中陰」となる「四十九日」をもって故人は無事成仏して極楽浄土に達したこととし、この時に法要を営むのが一般的となっています。

四十九日法要をご予約いただくと

  • お寺様とのお約束が告別式当日に出来る

    お寺様とのお約束が告別式当日に出来る

    法事が執り行われる土日祝日はお寺様も大変お忙しいです。
    早めのご依頼は不可欠です。

  • ご親族への告知が告別式当日に出来る

    ご親族への告知が告別式当日に出来る

    お葬式後に改めてご連絡する手間が省けます。会場も葬儀場と同じならば、
    「ここで〇月〇日〇時に49日法要を行います」と告知しやすいです。

  • 法事と会食が同時に出来る

    法事と会食が同時に出来る

    寺院や霊園などで法事を行った後で、皆様で移動してお食事となる場合がありますが、ひまわり会堂では移動せずに法事と会食の両方を提供しております。

法事プランのご案内

法事と会食が同時に出来る

基本料金 75,600円(税込)

施設使用料、法事専用祭壇、式進行スタッフなどが含まれております。
お料理、返礼品などは別となります。

お料理・返礼品・供物などのお手配やお寺様のご紹介も承って
おります。お気軽にご相談下さい。

電話番号:0120-40-2220 お見積り・資料請求 まずはメールでご相談
お急ぎの方はこちらから