東京・神奈川・千葉・埼玉の葬儀・家族葬なら【お葬式のひなた】

東京/神奈川/千葉/埼玉で約300の葬儀場

Google Plus

法要に関する豆知識

法要とは故人の冥福を祈るために営む仏教的な儀式のことです。地域や宗派によって日程は異なりますが、法要を行うことでより故人との関係を深めることができます。また、法要には忌日法要・年忌法要・月忌法要の3種類に大きく分かれます。

忌日法要(きにちほうよう)

命日から一年以内に行う儀式です。初七日・二七日忌・三七日忌・四七日忌・五七日忌・六七日忌・七七日忌の七日ごとに行う法要で合計四十九日間かかります。その中でも、初七日・五七日忌・七七日忌の法要は重要で、故人の親族や知人を集めて行うのが一般的です。また、死者の霊はこの世とあの世をさまよい、四十九日目で家から離れて別れを告げるといわれており、七七日忌が終わると忌明けになります。そして、命日の百日後には遺族が集まって悲しみに区切りをつけるために「百か日法要」を行います。

年忌法要(ねんきほうよう)

忌明けを過ぎると、その後の供養を年忌法要といいます。故人の亡くなった日に毎年行う法要で、さらなる精進の道へと導くために営む儀式です。一周忌・三回忌・七回忌・十三回忌・十七回忌・二十三回忌・二十七回忌・三十三回忌と続くもので、命日から節目となる年に行います。地域によっては五十回忌、百回忌と続く所もありますが、一般的には三十三回忌、もしくは五十回忌で弔い上げとなって区切りをつけています。

月忌法要(がっきほうよう)

月忌法要とは故人の命日にあたる毎月の日に行う儀式です。中には「月参り」と呼んでいる地域もありますが、この月命日に遺族が集まって墓参りへ行き、僧侶を招いて読経を読んでもらうのが通例になっています。

当社はお客様のご要望にお応えするために、様々なお葬式プランをご提供しております。お通夜・告別式を行わず、火葬場でお別れを行うシンプルなお葬式プランもありますので、なるべく低価格に抑えたい方にご利用いただいております。また、当社には1級葬祭ディレクターが在籍しており、24時間365日対応いたしておりますので、もしもの時にも安心してご利用いただけます。調布市・世田谷区・府中市・川崎市・多摩市・狛江市など幅広く対応しているので、お見積もりや資料請求をご検討中の方はお気軽にご相談ください。

ひなたのお葬式プラン

  • 火葬式たんぽぽ
  • 一日葬すずらん
  • 家族葬こすもす
  • 直葬れんげ
  • 自宅一日葬すみれ
  • 自宅家族葬なでしこ
  • 一般葬こでまり
  • 福祉葬
  • 天使の旅立ち
電話番号:0120-40-2220 お見積り・資料請求 まずはメールでご相談
お急ぎの方はこちらから