東京・神奈川・千葉・埼玉の葬儀・家族葬なら【お葬式のひなた】

無料通話 資料請求
Google Plus

返礼品についている清め塩

現在日本で営まれている葬儀は、仏式・神式・キリスト教などの影響を受け、文化や習慣の異なる宗教から変化を遂げてきました。
その中で、葬儀当日に渡す返礼品についている清め塩には、宗教によって考え方の違いがあります。

清め塩とは

葬儀参列後、自宅の玄関先で身を清めるために使われる塩で、神道に由来しています。本来、神道では海水で禊(みそぎ)を払うものでしたが、清め塩はそれを簡略させた日本古来の習慣です。死に対する考えが「穢れ(けがれ)」というものであった神道では、自然へと還る肉体を「気が枯れる」ものと捉えていました。しかし、仏教では生と死はひとつであり仏様になると考えられています。
ただし、宗派の習慣によって自由に持ち帰られるよう、清め塩を用意する場合があります。

清め塩の使い方

清め塩を使うのは自宅の玄関前で、在宅している人にお願いをします。順序としては胸元・背中・足元となり、左右に清め塩を撒いてもらいます。自分で清める場合、肩越しに背中を清めてください。また、一日葬などで火葬場から戻ったときのお清めには、手を洗う清め方があり、火葬場へ行かなかった人に柄杓で水をかけてもらいましょう。清め塩だからといって舐めたり食べたりしないでください。本物の塩ではなく工業塩といって食べられない塩です。

浄土真宗では使わない

世田谷区でも浄土真宗の葬儀では仏教本来の宗旨を考え、清め塩を使わない葬儀が増えています。死は浄土の世界に生まれることで、お釈迦様のもとへ行くものという考えで、「穢れ」ではないという考えがあります。

世田谷区砧にある当社では、火葬式・一日葬・家族葬などの葬式を低価格でご提供しております。お客様の気持ちに寄り添って、ご要望にお応えするという思いを胸に、ひなたのように暖かい葬儀を心がけております。世田谷区を中心に、府中市、調布市、埼玉、千葉、神奈川(一部地域を除く)エリアを対応させていただいております。見積もりや資料請求に関するお問い合わせは、専門スタッフが24時間受け付けております。

ひなたのお葬式プラン

  • 火葬式たんぽぽ
  • 一日葬すずらん
  • 家族葬こすもす
  • 直葬れんげ
  • 自宅一日葬すみれ
  • 自宅家族葬なでしこ
  • 一般葬こでまり
  • 福祉葬
  • 天使の旅立ち
電話番号:0120-40-2220 お見積り・資料請求 まずはメールでご相談
お急ぎの方はこちらから