東京・神奈川・千葉・埼玉の葬儀・家族葬なら【お葬式のひなた】

無料通話 資料請求
Google Plus

通夜・葬儀・告別式の違いとは

葬式を執り行う際には「通夜」「葬儀」「告別式」などの言葉を耳にします。この三つは何かと混同されがちですが、それぞれ全く違った意味を持っています。

通夜

通夜は本来、故人と生前親しかった友人や知人が弔問に訪れ、故人の家族や親戚と共に別れを惜しむ儀式です。夜通しで故人との別れを惜しむ儀式であるため「通夜」と呼ばれているのですが、近年では「告別式に出席できない人のお別れの場」としての認識が広まりつつあります。また、夜通し行われることも少なくなっており、今では短時間で終わる「半通夜」が主流となっております。灯明や焼香といった昔ながらの習わしを行っている家もまだまだ多いため、通夜の進行や流れ、マナーを知っておいて損はありません。

葬儀

葬儀は故人の冥福を祈り、別れを告げる儀式であり、葬儀の様式には死生観や宗教観が深く関係することになります。そのため、宗教の違いや宗派によって、葬儀の流れや形式が大きく異なります。しかし、いくら流れや形式が異なるものでも「故人の冥福を祈り、丁重に弔う」という点は共通しています。最近では、故人の意思を尊重する葬儀が一般的となっており、家族葬や一日葬など多様化傾向にあります。

告別式

告別式は葬儀と似たような意味合いで使用されることが多いですが、葬儀が故人を弔う儀式なのに対し、告別式は文字通り「亡くなった人に最後の別れを告げる」儀式です。友人・知人などの会葬者にとっては、故人と過ごせる最後の時間となります。以前は、葬儀を終えた後に会葬者がお骨をお墓まで送り、埋葬前に行われるのが一般的でしたが、近年では葬儀と告別式を一緒に行うこともあります。同様に、葬儀を密葬で行い、お別れの会や告別式を別の日に行うことも増えてきました。

世田谷にある当社では、家族葬や火葬式など様々な葬儀を低価格でご提供しております。世田谷区はもちろん、府中市や多摩市などの周辺エリアの葬儀にも対応いたします。低価格でのご提供と自負しておりますので、料金や見積もりに関してもお気軽にご相談ください。当社では見積もりやサービスに関するご相談のほか、資料請求も承っております。

ひなたのお葬式プラン

  • 火葬式たんぽぽ
  • 一日葬すずらん
  • 家族葬こすもす
  • 直葬れんげ
  • 自宅一日葬すみれ
  • 自宅家族葬なでしこ
  • 一般葬こでまり
  • 福祉葬
  • 天使の旅立ち
電話番号:0120-40-2220 お見積り・資料請求 まずはメールでご相談
お急ぎの方はこちらから