お葬式のひなた 火葬式(たんぽぽ) 10名様まで165,000円(税込) 一日葬(すずらん) 20名様まで388,000円(税込) 家族葬(こすもす) 30名様まで498,000円(税込)
Google Plus
  Tweet

家族葬の計画の立て方

葬儀の多様化に伴って、家族葬というスタイルも一般化しています。一口に家族葬といってもその形態は様々で、お客様によって異なる部分が多々ございます。家族葬の計画の立て方について、要点をご紹介します。

中心となる人物を決める

まずは、家族葬を進める中心人物を決めてみてください。家族葬では「予算の範囲はどれくらいか」「どこで葬儀を行うか」「祭壇を設けるか否か」などを決めると思いますが、中心となる方がいることで、スムーズに計画が立てやすくなります。以前は、法律上の相続人で主に男性が中心人物(喪主)となることが多かったのですが、最近では性別に関わらず、故人と縁の深い方が喪主を務めるのが一般的となっています。

知らせる範囲の取り決め

家族葬は、家族や親戚の一部だけで行われることがあれば、家族・親戚・親しい人で行われる場合もあります。そのため、どの程度の範囲に知らせ、どの程度の人数に参列していただくかを決めておかなければなりません。なお、参列者以外の方に対しては訃報で「家族葬」の旨を報告すると思いますが、その際に「当日参加させてほしい」という方がいらっしゃるかもしれません。その際は、返礼品等の準備が必要となります。

香典・供物・供花などの受け取り

親戚や故人の親しい友人を呼ぶ場合、香典や供物、供花の受け取りについて事前に決めておきましょう。香典は、突然の不幸による出費を助けるという意味合いがあり葬儀には欠かせないものですが、受け取らない場合はその旨を報告しておくとスムーズです。こうすることで会葬者の負担を減らすことができ、香典返しの手間も省くことができます。受け取る場合は、香典返しの準備をしておきましょう。

シンプルでしたが、計画の立て方の要点をご紹介しました。
葬儀の計画を立てる際は、是非お役立てください。

世田谷にある当社では、家族葬や一日葬などの葬儀を低価格でご提供しております。世田谷周辺の府中市や稲城市はもちろん、千葉・埼玉・神奈川にも対応しておりますので、お気軽にご相談ください。専門スタッフが24時間365日対応いたしますので、サービスや料金、お見積もりに関する疑問など、何でもお聞かせください。

ひなたのお葬式プラン

  • 火葬式たんぽぽ
  • 一日葬すずらん
  • 家族葬こすもす
  • 直葬れんげ
  • 自宅一日葬すみれ
  • 自宅家族葬なでしこ
  • 一般葬こでまり
  • 福祉葬
  • 天使の旅立ち