お葬式のひなた 火葬式(たんぽぽ) 10名様まで165,000円(税込) 一日葬(すずらん) 20名様まで388,000円(税込) 家族葬(こすもす) 30名様まで498,000円(税込)
Google Plus
  Tweet

一般化しつつある家族葬

これまでの葬儀は亡くなった方の友人や遺族、勤務先の方々を招くのが一般的でした。しかし、今では友人や勤め先などにはあえて声をかけず、家族や親戚だけで静かに行う「家族葬」が一般化されつつあります。

ここでは、家族葬が一般化した背景に迫ってみたいと思います。

バブル崩壊の名残

日本経済が栄華を極めたバブル経済期は、国民の所得が比較的高く所得が多い分、葬儀の費用負担も小さなものでした。しかし、バブルが崩壊し景気が一向に回復の兆しを見せない中、国民の葬儀費用に対する負担は大きくなりました。このような負担を軽減するべく、「家族葬」のような費用が抑えられる葬儀形態が生まれ、葬儀の選択肢の一つとなりました。

また近年は、医学などの進歩によって病気を発見して進行状態や先の予測をしやすい環境が整っているため、病気を患った場合に「自分の葬儀」について考える時間が持てることが増えたというのも要因の一つとされています。家族葬の形態によっては費用が大きくなることもありますが、主に家族葬が一般化されているのは「残された家族の負担を減らすため」「亡くなった方の意思を尊重するため」だといえます。

現代社会と家族葬

現代社会は核家族化・少子高齢化などによって人口環境が変化しつつあり、家族形態や家族構成、ライフスタイルの多様化も見られます。このような社会の変容に伴って、葬儀に対する考え方が「地域コミュニティ」から「個」へとシフトし、家族葬が好まれる傾向にあると考えられます。地域コミュニティを重視する場合は近所の方や故人の勤務先の方も葬儀に参加する場合が多いですが、「個」を尊重するとなると、コミュニティよりも「個」のつながり、すなわち家族や親戚が招かれます。

家族葬は「地域コミュニティとの希薄化の象徴」というマイナスなイメージがありましたが、近年ではこのようなイメージも払拭され、「個」を重んじる葬儀として定着しています。

世田谷にある当社では、家族葬や一日葬など様々な葬儀を格安でご提供しております。世田谷周辺の府中市や調布市はもちろん、埼玉・千葉・神奈川にも対応しておりますので、お気軽にご相談ください。なお、資料請求にて各サービスを確認していただくことも可能です。

ひなたのお葬式プラン

  • 火葬式たんぽぽ
  • 一日葬すずらん
  • 家族葬こすもす
  • 直葬れんげ
  • 自宅一日葬すみれ
  • 自宅家族葬なでしこ
  • 一般葬こでまり
  • 福祉葬
  • 天使の旅立ち