東京・神奈川・千葉・埼玉の葬儀・家族葬なら【お葬式のひなた】

無料通話 資料請求
ひなたのコラム

ひなたのコラム

お葬式のマナー

2016.04.21 コラムカテゴリー: 葬儀のマナー.

宗旨、宗派によって異なる焼香(仏式)・玉串奉奠(神式)・献花(キリスト教・無宗教)の作法をご紹介します。

焼香の手順(仏式)

  1. ご遺族に一礼して焼香台のある仏前に進みます。
    ご本尊と遺影を仰ぎ頭を下げて黙礼します。
  2. 右手で香をつまみ額のところまで押しいただきます。
    (浄土真宗では押しいただきません)
  3. 香炉に静かにくべます。焼香の回数はご自分の宗派の作法で行って構いません。
    わからない場合には、お気持ちを込めて1回焼香すれば問題ありません。
  4. 合掌礼拝します。最後にご遺族に一礼し、退きます。

manner01

玉串奉奠の手順(神式)

  1. ご遺族と斎主に一礼し玉串を受けたら、案(玉串を置く台)の前に進みます。
  2. 根本を手前にして、まっすぐに持ちます。
    次に時計回りに回転させて、向きを変えます。
  3. 葉先を手前にして供え、二礼・二拍手(葬儀では音をたてません)・一礼をします。
  4. 最後にご遺族と斎主に一礼し、退きます。

manner02

献花の手順(キリスト教・無宗教)

  1. 花は持参してもかまいませんが、多くの場合、会場に準備してあります。
    根本を祭壇側に、花を手前に向けて献花台に供えます。

manner03

関連記事

電話番号:0120-40-2220 お見積り・資料請求 まずはメールでご相談
お急ぎの方はこちらから