東京・神奈川・千葉・埼玉の葬儀・家族葬なら【お葬式のひなた】

無料通話 資料請求
ひなたのコラム

ひなたのコラム

葬儀の種類

2017.11.17 コラムカテゴリー: お葬式の基礎知識, 終活, 葬儀のマナー.

現在は葬儀の大きさもスタイルも選べる時代になりました。生前に、自分の葬儀について考える方も珍しくないです。いろいろいな葬儀の種類を知っておくと、いざという時に選択の幅が広がります。そして、会葬者としても喪家側や故人の意向をさりげなく汲むことができるでしょう。

密葬と家族葬

家族葬は近年選ばれることが大変多くなってきました。しかし、家族葬は親しい会葬者のみで葬儀を執り行いますので、その後、別のカタチでの葬儀の場を設けません。社葬などの本葬がある場合に、近親者のみで事前に葬儀をおこなう場合は、これを密葬と言って、家族葬とは区別します。つまり、本葬がある場合=密葬があるということになります。家族葬の場合は、故人とのお別れができない人にも、不義理にならないように事前に家族葬にする旨を周囲にお知らせをしたほうがいいでしょう。

 

直葬・火葬式

直葬は、火葬式とも呼ばれています。通夜や告別式をおこなわずに、火葬のみで故人をお見送りする葬儀です。遠方で葬儀をおこなう場合などにも、亡くなった場所でまず火葬式のみを希望される方がほとんどです。最近では、遺族に負担をかけないように、故人の希望で直葬を選ばれる方も増えています。火葬場で僧侶に読経してもらうことも可能です。直葬や火葬式の場合でも、一連の手配や手続きは葬儀社に任せることができます。

 

一日葬

一日葬は、通夜を行わずに、告別式と火葬を一日でおこなうスタイルです。遠方からの会葬者や、高齢の会葬者にも負担が少ないです。それにも拘わらず、直葬や火葬式よりもゆったりと故人とのお別れができます。ワンデー葬儀やワンデーセレモニーを呼ばれることもあります。葬儀の負担を少なくしたいが、告別式はしたいというニーズが増えてきた事で、定着した葬儀スタイルです。

 

社葬・団体葬と個人葬

社葬とは、会社の功労者である故人のために、会社が主催しておこなう葬儀のことです。これに対し、遺族が主催する葬儀のことを、故人葬と呼んで、社葬とは区別します。会社と遺族が合同でおこなう場合もあります。これを合同葬と呼びます。社葬の場合は、葬儀の印象が会社の評価につながることもあり、個人葬の場合よりも社会的な意味合いが強くなってきます。そして、会社ではなく、故人の関わりのあった団体による主催の場合は、団体葬と呼ばれています。

 

お別れの会・偲ぶ会・無宗教葬・自由葬など

僧侶など宗教者を呼ばないで、宗教的な儀式をおこなわない無宗教葬も近年増えています。このような無宗教葬をお別れの会や偲ぶ会と呼ぶのが一般的です。また、寺院の意向にかかわらずに、自由な発想で、趣向を凝らした葬儀をおこなうのが自由葬や、プロデュース葬と呼びます。音楽葬は、これにあたります。さまざまな趣味やスタイルに対応するため、スタイルや趣向で、呼びわけているわけです。

 

自宅葬

昨今、家族葬や一日葬などの、シンプルな葬儀が増えるなかで、自宅葬というカタチも見直されています。近隣への配慮やスペースの確保など、いろいろな問題もありますが、長年住み慣れた自宅でお見送りでき、時間の制限を気にすることがないことや、ペットも一緒にお別れの時間をすごせる、というようなメリットもあります。

 

生前葬

生きているうちにおこなう生前葬は、実際は葬儀のスタイルを取り入れて、主催者の死というテーマで集まるパーティのようなものになります。生きているうちにお世話になった人にお礼を言いたい、死を意識することによって、よりいきいきと生活したいなど、生前葬の目的はさまざまです。生前葬をした場合でも、実際に亡くなったときには葬儀をしないわけにはいかず、シンプルな葬儀であっても、再度葬儀をおこなわれる場合がほとんどです。

 

自然葬

自然葬は、葬儀のカタチではありません。埋葬や散骨のスタイルをさしたものになります。一般には海や山に散骨したり、墓標として自然の樹木をつかうなど、自然に回帰する葬り方全般を、自然葬と呼んでいます。宇宙空間に散骨する宇宙葬というものまであります。これも自然葬のひとつとされています。樹木を墓標とする樹木葬や、植樹葬は、墓地として登録された場所に限られますが、基本的に継承者がなくても永代供養で弔ってくれる場合がほとんどです。

 

福祉葬・民生葬

生活保護を受けている方が亡くなった場合、管轄する市区町村から葬祭扶助を受けておこなう葬儀を、福祉葬、民生葬、生活保護葬などと呼びます。火葬を済ませてしまってからでは申請できません。なので、亡くなったらすぐに担当の民生委員やケースワーカー、役所の福祉係に相談することが大切です。

 

最後に

このように、葬儀のスタイルは、近年増加をしていっています。葬儀のさまざまなスタイルを知って、自分の場合はどうしようか、など考えてみてもいいかもしれません。

<<資料請求・お問い合わせ>>

<<葬式のひなたのTop pageに戻る>>

※お葬式のひなたは府中の森市民聖苑葬儀取扱事業者
・お葬式のひなたは田園調布商店街の加盟店
・お葬式のひなたは田園調布会会員
・イオンのお葬式特約事業者
・お葬式のひなたは葬儀保険の代理店
・「いい葬儀 」取扱店
・「葬儀レビ 」オススメ葬儀社
・「小さなお葬式 」指定事業者です。
月会費・年会費0円葬儀のひまわりファミリークラブ会員募集中
#ひまわりファミリークラブ
#月会費0円
#年会費0円
#求人募集
#葬儀保険
#お葬式のひなた #ひなた #府中の森 #イオン
#小さなお葬式 #シンプルなお葬式 #いい葬儀
#聖苑 #東京 #神奈川 #千葉 #埼玉 #田園調布 #大田区 #世田谷 #府中 #田園調布商店街 #田園調布会

関連記事

電話番号:0120-40-2220 お見積り・資料請求 まずはメールでご相談
お急ぎの方はこちらから
single