東京・神奈川・千葉・埼玉の葬儀・家族葬なら【お葬式のひなた】

無料通話 資料請求
ひなたのコラム

ひなたのコラム

花祭壇について

2017.05.23 コラムカテゴリー: よくある質問.

なぜ花祭壇を選ぶ方が多いのですか?

A.最近は価値観が多様化し、より明るく華やかに見送りたい、白木祭壇(写真)がイメージに合わないなどの理由で、花祭壇を選ぶ方が増えています。
花材、デザイン、色を自由に選べる花祭壇は、ご家族の手で故人様らしさを表現することができます。
またそのお花をお式の最後にお棺に入れることができるため、想いがこもった美しいお見送りができる点でも選ばれております。

供花とは何ですか?

A.親しい方やご関係のある方から、お悔やみの気持ちとして贈られるお花です。
デザインを合わせて花祭壇の一部として飾られる場合が多いので、祭壇がより華やかになります。
ご家族・ご親類がお出しするご供花と、会社関係などご家族以外の方々が贈ってくださるご供花があり、前者のご注文はご家族のどなたかに取りまとめていただきます。後者については、訃報連絡書を先方にFAXしていただいた後、葬儀社に直接ご注文いただく方法が一般的です。

明るい祭壇にしたい。仏教のお葬式でも、カーネーションなど洋花を使っていいのですか?

A.もちろんです。
現在は菊だけでなく、色とりどりの洋花を使った華やかな祭壇が人気です。
故人様がお好きだったお色やイメージに合わせて、自由にお花をお選びください。
ただし、おつきあいのある宗教者がいらっしゃる場合は、相談してから執り行います。

花祭壇に飾ったお花は自宅に持って帰れますか?

A.お持ち帰りになる風習がある地域もございます。
しかし、祭壇に供えたお花は故人様にお手向けする意味合いがあるものなので、一般的にはすべてご出棺の際、お棺の中にお入れします。

 

<<資料請求・お問い合わせ>>

<<葬式のひなたのTop pageに戻る>>

関連記事

電話番号:0120-40-2220 お見積り・資料請求 まずはメールでご相談
お急ぎの方はこちらから