東京・神奈川・千葉・埼玉の葬儀・家族葬なら【お葬式のひなた】

無料通話 資料請求
ひなたのコラム

ひなたのコラム

神式の供養

2018.02.16 コラムカテゴリー: 葬儀のマナー.

供養は、宗教の違いで異なります。日本は仏教が多く、神道も多くみられます。

そもそも供養という言葉は仏教からきています。

しかし、神式では「家の守護神」となってもらうと考えられます。

このように、仏教と神道では「死」に対する考え方の違いがみられます。

神式では「祖霊舎」

仏教で仏壇にあたるものが、神式では祖霊舎です。御霊舎(みたまや)、霊床(たまとこ)、霊棚(たまだな)、神道檀(しんとだん)と呼ばれることもあります。

神道では、故人は成仏してあの世に行くという考え方ではありません。

霊となって、家庭の守り神として、家族を見守り続けてくれるのです。

そして、神式の仏壇にあたるものが、祖霊舎です。

中には、仏式の位牌にあたる「霊璽(れいじ)」を置きます。

霊璽というのは、故人や先祖の霊が宿る場所です。

また、その他には米や塩、ろうそく、水、さかき、酒、鏡といったシンプルな神具を飾ります。

 

感謝の気持を日々の礼拝で表す

神棚とは別に、祖霊舎を準備しますが、基本的には神棚よりも低い位置に置くようにします。

スペースがないなどの住宅事情によって、タンスの上に配置するという人も多いようです。

置く場所には正式な決まりはありません。

しかし、清らかな明るい場所に置くようにするとよいでしょう。

◎礼拝は二礼二拍手一礼

神式では、葬儀などの儀式で二礼二拍手一礼をするシーンが多々あります。

知ってるという方も多いでしょう。

文字通り、2回礼をし、2回手を合わせ、1回深いお辞儀で終えます。

ここでいう「拍手」ですが、音をたてて拍手するのはいけません。

毎日の礼拝でも、音をたてないように、手をあわせるだけの「しのび手」がマナーです。

◎感謝の気持が大事

このように仏式と神式では、供養の飾り方や道具、マナーも異なります。

しかし、家族が亡くなって持つ「悲しい気持ち」という根底にあるものは同じ。

亡くなった故人に対して「感謝の気持」を持ち、

日々偲び供養をするという意味では、同じものではないでしょうか。

<<資料請求・お問い合わせ>>

<<葬式のひなたのTop pageに戻る>>

※お葬式のひなたは府中の森市民聖苑葬儀取扱事業者
・お葬式のひなたは田園調布商店街の加盟店
・お葬式のひなたは田園調布会会員
・イオンのお葬式特約事業者
・お葬式のひなたは葬儀保険の代理店
・「いい葬儀 」取扱店
・「葬儀レビ 」オススメ葬儀社
・「小さなお葬式 」指定事業者です。
月会費・年会費0円葬儀のひまわりファミリークラブ会員募集中
#ひまわりファミリークラブ
#月会費0円
#年会費0円
#求人募集
#葬儀保険
#お葬式のひなた #ひなた #府中の森 #イオン
#小さなお葬式 #シンプルなお葬式 #いい葬儀
#聖苑 #東京 #神奈川 #千葉 #埼玉 #田園調布 #大田区 #世田谷 #府中 #田園調布商店街 #田園調布会

関連記事

電話番号:0120-40-2220 お見積り・資料請求 まずはメールでご相談
お急ぎの方はこちらから
single