東京・神奈川・千葉・埼玉の葬儀・家族葬なら【お葬式のひなた】

無料通話 資料請求
ひなたのコラム

ひなたのコラム

直葬とは

2017.10.29 コラムカテゴリー: お葬式の基礎知識.

人が亡くなった時には、葬儀を行う、とみなさん思ってるかもしれません。しかし、法律的には「宗教的な儀式を必ず行わなければならない」という決まりはないんです。そんな中、近年増えつつある「直葬」について、今回は書いていこうと思います。

最近は、いろいろな価値観の方が増えてきていることから、「葬儀のカタチ」も古い習慣にとらわれないものも増えてきました。
その中の一つが「直葬」です。
直葬とは、通夜や告別式といった宗教的な儀式を行わない形態です。
火葬だけを行うために、「火葬式」と呼ばれることもあります。
兄弟家族が多かった少し昔では、人が亡くなると親戚一同が集まって伝統的な葬儀をしていたのが主流でした。
しかし、近年は少子化などによって、親戚の数も減ってきており、
さらには核家族化によって、親戚との付き合いもあまりしない方が多くなってきています。
こうした時代背景から、直葬を選ぶ方が増えてきています。
直葬は安価なので、経済的な理由から選択するという人もいます。
また、生前から残された家族に負担をかけさせたくないので直葬をして欲しいと考えてる方も多いようです。
葬儀は、宗教的なものなので、宗教への信仰心が薄く、儀式的なものに疑問を抱いている方も、直葬を選ぶというようになってきています。

直葬はいろいろな宗教的な儀式の部分をカットしたシンプルなものですが、
亡くなった方を火葬までの相田に安置する場所や、
斎場まで移動するための車の手配は必要になってきます。

流れとしては、
ご遺体安置

納棺

出棺

火葬

骨上げ
というようになります。

費用的な部分だけを重視してしまい、それで直葬を選んでしまうと、
後日さまざまな後悔の念に悩んでしまうこともあります。
親族や周囲とのトラブルに発展してしまうこともあるようです。

もし、直葬を選択するのならば、そういったトラブルなどを避けるためにも、
事情をしっかり説明できるようにしておくとよいでしょう。

先祖代々のお墓を所有している場合にも直葬は注意が必要です。
納骨の際に、寺院とトラブルが起きてしまう可能性があります。

<<資料請求・お問い合わせ>>

<<葬式のひなたのTop pageに戻る>>

※お葬式のひなたは府中の森市民聖苑葬儀取扱事業者
・お葬式のひなたは田園調布商店街の加盟店
・お葬式のひなたは田園調布会会員
・イオンのお葬式特約事業者
・お葬式のひなたは葬儀保険の代理店
・「いい葬儀 」取扱店
・「葬儀レビ 」オススメ葬儀社
・「小さなお葬式 」指定事業者です。
月会費・年会費0円葬儀のひまわりファミリークラブ会員募集中
#ひまわりファミリークラブ
#月会費0円
#年会費0円
#求人募集
#葬儀保険
#お葬式のひなた #ひなた #府中の森 #イオン
#小さなお葬式 #シンプルなお葬式 #いい葬儀
#聖苑 #東京 #神奈川 #千葉 #埼玉 #田園調布 #大田区 #世田谷 #府中 #田園調布商店街 #田園調布会

関連記事

電話番号:0120-40-2220 お見積り・資料請求 まずはメールでご相談
お急ぎの方はこちらから