東京・神奈川・千葉・埼玉の葬儀・家族葬なら【お葬式のひなた】

無料通話 資料請求
ひなたのコラム

ひなたのコラム

東京と地方はなぜお盆の時期が違うの?

2019.07.28 コラムカテゴリー: よくある質問.

今回はお盆についてです。東京と地方のお盆の時期にはズレがあります。なぜでしょうか??


東京のお盆は7月

東京のお盆は、7月13~16日ごろに行われます。

本来お盆は7月15日を中心に考えます。

15日をお盆の中日としたり、送り火をする場合もあります。

 

地方のお盆は8月

地方のお盆は、8月13~16日ごろに行われます。

東京とは1ヶ月のズレがあります。

本来、お盆は7月にするもの。

地方はなぜ8月なのでしょうか。

 

一ヶ月ズレてしまった理由!

明治のころの話にさかのぼります。

明治5年まで、天保暦という暦を日本は使用していました。

天保暦というのは、旧暦のことです。

明治5年12月2日まで、この暦を使っていました。

ところが、明治政府は、

「明日(12月3日)は1月1日する!西暦を新たな暦とする!」

というような形で、このときに、現在使われてる西暦(新暦)を使い始めるようになります。

12月3日になると思いきや、1月1日になってしまった。

この時に、約1ヶ月、日本の暦はズレてしまったのです。

 

旧暦で、お盆は7月に行っていました。

なので、新暦になっても、新暦の7月にお盆をしよう!となったのが東京です。

ただ、それが地方には浸透しませんでした。

7月にお盆をやる、けれどもそれは旧暦にあわせてやるので、新暦だと8月になってしまう。

これが地方です。

 

ということで、お盆の1ヶ月ズレてる問題はスッキリできましたか??

 

<<資料請求・お問い合わせ>>

<<求人特設サイトはこちら>>

<<葬式のひなたのTop pageに戻る>>

※お葬式のひなたは府中の森市民聖苑葬儀取扱事業者
・お葬式のひなたは田園調布商店街の加盟店・お葬式のひなたは田園調布会会員
・イオンのお葬式特約事業者
・お葬式のひなたは葬儀保険の代理店
・「いい葬儀 」取扱店
・「葬儀レビ 」オススメ葬儀社
・「小さなお葬式 」指定事業者です。
月会費・年会費0円葬儀のひまわりファミリークラブ会員募集中

 

お葬式のひなた|人気ブログランキング遺言・相続・遺品ランキング

関連記事

電話番号:0120-40-2220 お見積り・資料請求 まずはメールでご相談
お急ぎの方はこちらから