東京・神奈川・千葉・埼玉の葬儀・家族葬なら【お葬式のひなた】

無料通話 資料請求
ひなたのコラム

ひなたのコラム

意外と知らないお盆について

2017.11.27 コラムカテゴリー: お葬式の基礎知識.

ひとくちに”お盆”と言いましても、地域によって期間も異なりますし、”新盆”や”盂蘭盆会”など様々な盆があります。今回はお盆についてご説明します。

新盆(初盆)

忌明け後に最初に迎えるお盆のことを”新盆”あるいは”初盆”と言います。亡くなった方の例が初めて戻ってくるというタイミングになりますので、特に重要とされています。

お盆の日程ややり方はさまざまで、東京などの都市部では7月13~16日の4日間、それ以外の地方では8月13~16日というところが一般的なお盆の期間とされています。

仏壇の前に精霊棚を設けて、故人の好物などを供えます。また、故人の霊が迷わないようにするために、提灯を飾り分かりやすくしてあげます。身内や親しい人たちでお墓参りをして、精霊棚だけではなく墓前にも故人の好物や花、線香などを供えます。お寺様に関しては、一般的には自宅に招きますが、お墓参りに同行してもらうという場合もあります。

なお、忌明け法要よりも前にお盆を迎えた場合には勝手が違いまして、その年の新盆(初盆)は行いません。また、一般的に浄土真宗ではお盆の行事は行いません。

 

お盆(盂蘭盆会 うらぼんえ)

 

先祖の霊があの世から現世へと戻り、家族と時間を共にして、また帰られるという日本古来の信仰と仏教が結びついて生まれた行事です。

僧侶を、お盆の月はじめからお盆の期間中に招いて、お経を読んでもらいます。正式には十三日目の夜に行うのが正しいです。読経してくれた僧侶には御布施を包み、もし遠くから来ていただいていた場合には御車代も一緒にお渡しします。御布施の金額は地域によりますが、例えば東京では新盆で2万円ほど、新盆以外で1万円ほどが相場となるようです。

 

<<資料請求・お問い合わせ>>

<<葬式のひなたのTop pageに戻る>>

※お葬式のひなたは府中の森市民聖苑葬儀取扱事業者・イオンのお葬式特約事業者・「いい葬儀 」取扱店
・「葬儀レビ 」オススメ葬儀社・「小さなお葬式 」指定事業者です。
#お葬式のひなた #ひなた #府中の森 #お盆 #盆 #新盆
#初盆 #盂蘭盆会 #東京 #神奈川 #千葉 #埼玉

関連記事

電話番号:0120-40-2220 お見積り・資料請求 まずはメールでご相談
お急ぎの方はこちらから