東京・神奈川・千葉・埼玉の葬儀・家族葬なら【お葬式のひなた】

無料通話 資料請求
ひなたのコラム

ひなたのコラム

家族葬にかかる費用について

2017.11.07 コラムカテゴリー: お葬式の基礎知識, 葬儀のマナー.

ここ最近耳にすることが多くなってきた『家族葬』。家族葬には決まったルールはありません。なので、故人が喜んでくれるような葬儀を行うことができます。一番大切にしたいことは故人の思い、ですよね。

【家族葬とは?】

家族葬は、近親者だけで行われるものです。規模も様々になっています。家族だけの集まりで少人数だけの場合もありますし、家族と親戚が集まる場合もあります。他には、家族などのほかに本当に親しかった人たちのみが集まって行うこともあります。比較的規模は小さくなることが多くなります。アットホームなイメージが強い傾向です。

家族葬を選ぶ方が多くなってきている理由の一つに、遺族の方々の肉体的精神的負担を軽減できることがあります。一般的な葬儀だと、ちゃんと悲しんだり、お別れをする暇もなく、葬儀などの準備を進めなければならないです。家族葬であれば、故人との最期のお別れをちゃんと行うことができます。

そして、故人の思いを尊重したり、生前好きだったものなどを用いることができるため、より故人らしい葬儀にすることができるのです。

また、葬儀の費用も、一般的な葬儀よりも規模が小さいため安めに抑えることができます。どのような形の葬儀を行うかによって異なりますが、だいたい50万円前後が相場になっています。

但し、香典の数が少ないので、葬儀費用はそのほとんどを遺族が支払うことになります。

葬儀の流れは、一般的な葬儀を行う場合と同じように進められていきます。

 

【注意したいこと】

家族の間で、予めきちんと誰に訃報をお知らせするか確認しておく必要があります。ここをあいまいにしてしまうと、混同してしまって、あとでトラブルになるケースがあるからです。

香典や供花などもどうするのか、考えておきましょう。

そして家族葬を行うことについて、親戚などに理解を得ることも必要です。

お知らせ文書には、家族葬であること、そのため参列はお断りしたいこと、香典や供花などは辞退したいということも書くようにしましょう。

葬儀が終わった後に故人の知り合いなどが自宅にお線香を上げにくることもあり、その対応に苦労する場合も考えられますので、そういったことも考慮に入れながら、どのような葬儀にするのか、検討してみてください。

<<資料請求・お問い合わせ>>

<<葬式のひなたのTop pageに戻る>>

※お葬式のひなたは府中の森市民聖苑葬儀取扱事業者
・お葬式のひなたは田園調布商店街の加盟店
・お葬式のひなたは田園調布会会員
・イオンのお葬式特約事業者
・お葬式のひなたは葬儀保険の代理店
・「いい葬儀 」取扱店
・「葬儀レビ 」オススメ葬儀社
・「小さなお葬式 」指定事業者です。
月会費・年会費0円葬儀のひまわりファミリークラブ会員募集中
#ひまわりファミリークラブ
#月会費0円
#年会費0円
#求人募集
#葬儀保険
#お葬式のひなた #ひなた #府中の森 #イオン
#小さなお葬式 #シンプルなお葬式 #いい葬儀
#聖苑 #東京 #神奈川 #千葉 #埼玉 #田園調布 #大田区 #世田谷 #府中 #田園調布商店街 #田園調布会

関連記事

電話番号:0120-40-2220 お見積り・資料請求 まずはメールでご相談
お急ぎの方はこちらから
single